So-net無料ブログ作成
検索選択
日記・雑感 ブログトップ

下方修正2 [日記・雑感]

我が家の家計も下方修正。うちの会社も各職場に昨年末から、急遽、残業禁止、出張制限等経費削減の施策が思い付きの様に指示された。残業禁止となれば当然、残業手当ても無くなる。薄給の一般サラリーマンにとっては減俸と同じ。だけど個人レベルの仕事を減らすと言う施策は無い。もとより、仕事量少ない人は影響ないが、サービス残業する羽目になった。残業関係ない管理職はのん気なものだ。少しは管理したらどうなんだろうと思う。過去にも、こんな状況はあった。その時もサービス残業で乗り切ったけど、その分の手当ても補填されないまま...またかよ!。
TVではごく一部の派遣切りあった人の報道とか、つまらぬ政治家の抗争ばかり取り上げてるが、実質的解決につながる様な報道は無い様に感じる。円高は輸入する業種にとってはチャンスだろうけど、輸出の多い業種にとっては、円高だけで減益になるのは当たり前。政治家達はこの円高をほっておくから、日本経済状態が大幅に悪化、その為、派遣切り、正社員とて減収となるのじゃないの。悪循環だよなぁ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

派遣社員 [日記・雑感]

派遣切りと毎日のようにニュースになっている。ごたぶんに漏れず、私の会社にも派遣社員は大勢いる。仕事のレベルでは有能な人もいるが、こんな仕事ぶりでは、そのうち切られちゃうだろうと思える人も。だけど、この手の話題は職場では禁物..なのに、「日産は派遣を...」なんてニュースの話題を持ち出すうかつな奴も...派遣社員はだれも敏感になっていりだろうに。だけど、会社の状況次第で正社員だって安心してはいれれない。いつ何時リストラされるか、会社倒産するか知れたもんじゃない。
だけどさ、そんなの関係ないみたいな顔したお局様がいる。毎日なにしてるわけでもなく、席でお茶してお菓子食べて、好きな時間に退社して、共稼ぎで生活に困ってるわけでもないで、仕事はろくにしてなくても年齢から高給取り。派遣切りより、お局切りの方が影響少なくないのでは...?全ての女性社員がそうだとは言ってるわけではないのですが、どこの職場にも、こういったお局様はいるんじゃないでしょうか。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

定年、年金 [日記・雑感]

最近、定年退職の人達が増えて、その送別会が毎月の様にある。ここしばらく団塊の世代の定年退職が続くのだから、送別会も絶え間なくどっかで行われてるのだろう。その反面、定年延長の動きもある。裏には年金支給開始の先送りがあるそうだ。政府は企業の定年を延長させることで、年金を徴収する人数を確保したうえ、年金支給開始の年齢を引き上げることで、支出を減らす...うまい事考えたもんだ。集めるだけ集めて、横領やら、使い込みやらを継続して、払わない...年金集めて、払うつもりはないとしか思えない。国民年金払わない人は多くなってるけど、厚生年金は源泉徴収されちゃうから、サラリーマンは拒否できない。年金はお役人の為のもの????。なんか腹立つけど、どこに文句言えばよいのやら。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

名ばかりの管理職 [日記・雑感]

最近のTV放送で「名ばかりの管理職」の特集があった。残業代ももらえず、働かされるだけの管理職は可哀想な境遇。しかし、その逆の名ばかり管理職と言う方が最近多いのでは、と身近な管理職をみて思う。
そりゃ、スケジュールもびっしり埋まって、休みも無く、朝も早くから、遅くまで働いてる管理職もいて、そんな管理職をみてると、大変だと思う。その反面、何も自分ではしないで、お気楽な管理職をみると、これこそ「名ばかり管理職」だと...なんせ昼前にゆっくり出てきて、午後は早々に退社しちゃう、部下にあれこれ仕事言いつけて、自分に「さん」付けするし、パワーハラスメントは日常の事、自分のミスは全て人のせいにして、自らがルール、全て自分が正しいと錯覚した、肩書きにすがった管理職。こんな管理職にこきつかわれる恵まれない部下の方が大変。うつ病が増えてるのもそういう影響ではないにだろうか。こういった「名ばかり管理職」も問題として取り上げるべきだと思う。こんな管理職がいる会社の将来に不安を覚える...。
nice!(6)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

予算 [日記・雑感]

予算って、やる事があってそれに見合ったかかる費用の予定だと思うのですが、人によっては違うらしい。
予算が余ってて期末だから、必要かどうかも関係なく、使ってしまうのはお役所だけじゃなく、一般企業にもある。
人が見積もった予算を内容も理解ぜず、多いと難癖の様に削り、それを更に使わせないのが予算管理の仕事と思い込んでる事務屋さんがいる。そして、期末になると余ってるから、使え使えと騒ぎ出す。これって予算の立て方がへたくそ、成ってないと言う事だと思うのですが、そんな事務屋さんは、やりくりしてやってると言うのだが、無駄な事をしてる様に思えてならない。
会計に訊くと、赤字は実績が上がってりので、説明は簡単、逆に黒字は言い訳が難しいと言っていた。やるべき仕事をこなしてないから予算を使うことなく、余っちゃった、と言うのが一番始末悪い。仕事してないと言ってる様なものだから。
営業であれば営業実績、製造であれば製造実績、開発であれば開発実績と、金額とか、数量とか、製品とかでアウトプット出来るけど、予算管理とか言う業務は実績をアウトプットし辛いから、上記の事務屋さんの様になってしまうのかな。

着実に実績となる仕事をこなしてきたものの、当初にいい加減にあてがわれた予算額を大幅に超えたけど中断すれば今までの経費を無駄になる、幹部も認めて完了を目指してるのだから、誰も止めることは出来ない。
なのに期末と言うこともある様で予算管理にグズグズ言われるのは理解できないなぁ。理由は明確だから、叱られることもないのにね。
いい加減な予算を割り振った事務屋さんのマイナス実績になるので、文句言ってるのかな。だったら当初の計画通りの金額を予算計上しとけば良いのに、勝手に削った事務屋さんの自業自得じゃないですか。
と、仕事は順調なのに、無意味に不愉快な期末です。
こんな事務屋さんは他にもいらっやるのでしょうか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
日記・雑感 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。